理想と現実をわきまえる

理想と現実をわきまえることは、良い印象を与えるプロフィールの作成には必要不可欠です。 これは「本音と建前」とは異なりますので注意してください。 本音と建前とは、両者が乖離してしまっており、検討違いの着地点にて論理を展開することで、 理想と現実をわきまえることとは現実的な手段や方法を考えることになります。

相手に求める理想の年収は1000万円でイケメンが良いです、というのは理想ですが、現実にはそのような相手はほとんど居ませんので、 現実を見てボーダーラインを設定しないようにするといった現実論を展開していきましょう。 プロフィールを作成する際には理想と現実をしっかりと理解する必要があります。 たとえば趣味の欄を埋めるときにはどのような言葉を選ぶのか、その人のセンスが問われることになります。

読書が趣味と言ってしまうのは理想ですが、現実ではファッション誌しか読まないとなれば、「読書」と理想の自分をプロフィールに書くことはNGとなります。 それでも読書と書きたいのならば、より具体的にどのような本を読むのか、雑誌ばかり読むのであればどの雑誌が好きなのか、 普段読んでいるものを具体的に書き添えておくようにして、現実のあなたの姿がプロフィール1枚で伝わるようにしましょう。